コチョウラン

ハナモリ

ハナモリの森田と申します。僕はハナモリの2代目で、豊橋でコチョウランの栽培を行っています。

豊橋市のコチョウラン栽培の歴史はとても古くて、おかげで今では国内の産出額で日本一の地域となりました。だから、僕のハウスの周りでもランを栽培している生産者がたくさんいます。

ハナモリは、父の代から数えるともう50年以上になります。50年というと、数ある豊橋市のコチョウラン生産者の中でも実は最も古く、先日仲間に「元祖だね」なんて言われてしまいました(笑)それくらい、昔からこの地域で栽培に携わってきています。

ハナモリのランは実は、全て自社交配のオリジナル品種。現在、国内の99%以上のランの生産者は、アジアなどでランの苗をある程度大きく育ててから、それを輸入してハウスで大きくするリレー栽培を行っていますが、ハナモリは日本でランの栽培が始まった当初の技術をそのままに。タネを独自で交配するところから行う、今の日本ではなかなか見ることのない栽培方法に取り組んでいます。その交配数は年間約30品種以上にもなります。

一つの苗が花をつけ出荷できるようになるまでに、約3年ほどと、他の生産者よりも長い時間がかかりますが、他では育てていない珍しい品種を数多く取り扱える面白さに、このやり方をかえられません。

もちろん、自社交配にはマイナスの面もあり、花の色や咲き方が安定しないのが難しいところです。ですが、どの花も世界に一つしかない顔つきがあり、それを見るのもまた楽しい。「写真と同じ花を出してよ」と言われてしまうと辛いけど、そうならないのがハナモリのコチョウランの魅力の一つでもあるから、父の代から受け継ぐ元祖豊橋のコチョウランの魅力を、僕は自信を持ってお届けしつづけたいと思います。

インタビュー動画

 

ハナモリ
住所:豊橋市豊栄町西336-1

ハナモリのお花

特集一覧
ツールバーへスキップ