トルコキキョウ

松井農園

豊橋で、30年以上に渡りトルコキキョウを栽培しています。昔は、この地域で最も栽培が盛んな「菊」を育てていたのですが、その当時静岡にあるある生産者さんのところでトルコキキョウを見せてもらって、「これはブライダルに使えそうな、おもしろい花だな」と思って、思い切って栽培品目の転換をしました。

当時はまだトルコキキョウを栽培している生産者も全国的に少なく、上手に作れる栽培マニュアルもなかったので、全部自分たちで試行錯誤。ハウスに病気が広がったり、花が思うようなカタチで仕上がらなかったり、失敗もたくさんあって大変でした。

でも「納得いく花をなんとしても咲かせるんだ」という思いで必死にやってきて、今では年間100品種を栽培・出荷できるようになりました。自分たちの花を使ってくれた花屋さんが「いい花だったよ」と喜んで連絡をもらう度に、この花を作ってて良かったなと思います。

ところで、「トルコキキョウ」というお花は、ご存知でしたか?

よく「桔梗(ききょう)」の仲間ですよね?と聞かれるんですが、実は「リンドウ」の仲間で。トルコ原産ですか?と聞かれると、アメリカ原産という。名前からはその本来の性質がわかりにくいお花でもあります。

一説では、日本でこのお花を初めてみた方が、「トルコ石のような色の、キキョウに似たお花」ということで、そのような名前をつけたとも言われているようです。

品種改良も非常に盛んな花で、「一重→八重→フリル」と時代に合わせて咲き方も多様に変化しています。おかげで今では、ブライダルでバラと並ぶほど、人気の高いお花になっています。たまに「バラですか?」と間違う方も多いほど、バラに匹敵するゴージャスさで花を咲かせるのも魅力の一つです。

お花屋さんでは高級ラインに並ぶ品目になっていますが、この機会に、ぜひ一度私たちが育てたトルコキキョウを飾って楽しんでみてもらえたら嬉しいです。

インタビュー動画

松井農園(まついのうえん)
住所:愛知県豊橋市賀茂町字出口7番地

松井農園のお花

特集一覧
ツールバーへスキップ